空手(動画)

 剛柔流に伝わる型と、その分解、応用について解説しています。

空手(動画)記事一覧

撃砕(ゲキサイ)

 撃砕(ゲキサイ)第一、撃砕(ゲキサイ)第二は、剛柔流の開祖である宮城長順が創作した型で、多くの剛柔流道場では最初に習う型です。撃砕第一は主に握拳で行いますが、撃砕第二では開手を使用し、白鶴拳の影響が強く感じられます。

≫続きを読む

 

撃破(ゲキハ)

 撃破(ゲキハ)は、撃砕(ゲキサイ)をベースに高度にしたもので、古伝型の砕破(サイファ)、十三手(セイサン)などの技術が取り入れられており、古伝の基礎を学ぶための優れた入門型です。

≫続きを読む

 

砕破(サイファ)

 砕破(サイファ)は、比較的短い型で、全日本空手道連盟の第一指定型でもあります。前半の技はほとんどが取り手に対する解手法で構成されていて、打撃技がある程度使えるようになった中級者に対して、指導する型です。

≫続きを読む

 

制引戦(セイユンチン)

 剛柔流は、接近戦を得意とするため取り手や解手法といった技法が型の中に含まれています。制引戦に含まれる技法は、打撃に対する技法、手を取られたときに外す技法、あるいは関節技で対応する技法が含まれています。また、制引戦は蹴り技のない珍しい型です。

≫続きを読む

 

四向戦(シソウチン)

 四向戦(シソウチン)は、伝統的な剛柔流の動きと、白鶴拳から取り入れた動きが混在するユニークな型です。四向戦も東恩流にはない型で、更に宮城長順が誰から習ったのかも不明となっています。

≫続きを読む

 

その他

 剛柔流の引き手は、他流はよりも高いはよく言われます。間違いではありますが、正しくはありません。 動画は、壱百零八手(スーパーリンペイ)の中から抜粋した動きですが、廻し受けから上下諸手受けです。この動画から分かるとおりで、上は通常の引き手の位置から、下段はほぼ骨盤の位置から打ち出されていて、すなわち...

≫続きを読む